火傷が心配です

脱毛をする時は効果などのメリットだけでなく起こり得る肌トラブルに対するデメリットも説明されます。脱毛をすることによって起こり得るトラブルは毛嚢炎、多毛化、硬毛化、ヤケド、色素沈着などです。実際私はエステのフラッシュ脱毛と病院の医療レーザー脱毛を受けていますがこのようなトラブルにはなったことがないのであくまでなる可能性は低いですが説明義務はある。という状態なのだと思います。 上記の毛嚢炎とは毛穴が炎症を起こしニキビのような症状になることです。これは脱毛を行った後毛穴にバイキンが入る事によって起こります。脱毛後1週間ほどは清潔を心がけましょう。 多毛化は毛が多くなることで硬毛化とは産毛が硬い毛に変わる事です。産毛や細い毛を行った際に起こり得る現象で、お尻などの箇所に見られます。 次にヤケドのリスクについてですが、基本的にはエステ脱毛の際には殆ど起こりません。これは、医療機関で使用する機械よりも出力が弱いためです。医療機関で使用される機械は効果が実感しやすい分出力が高くなっており、ヤケドのリスクがエステよりも上がります。しかしここは医療機関なのでもしも肌トラブルがあったさいにはすぐに必要な処置をしてくれお薬なども出してくれる事が保証されている所が多いです。 色素沈着は脱毛後に赤みが出た状態で日に当たるとメラニン色素が異常に発生し、肌が黒くくすんでしまう事です。施術後に言われると思いますが、脱毛後は肌が軽いヤケド状態にあります。日焼けには気をつけなければいけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする