医療レーザー脱毛は痛いですか

医療脱毛はとても脱毛効果が高いと聞きますが、口コミなどではあちこちで「とても痛い!」と書き込みされています。
人よりも痛みに弱いのが恥ずかしいと思っている女性にとって、わざわざ痛い思いをして施術を受けるのは、余りにもハードルが高すぎますよね。

一般的には医療脱毛の痛みは、「輪ゴムを弾いたような痛み」と例えられています。
ただし痛みの感じ方には個人差がありますから、「歯を食いしばって頑張った」「冷や汗が出た」「デリケートゾーンの痛みが辛かった」というような意見がよく聞かれます。
それでも痛みに弱いけれど確実に脱毛がしたいという方は、笑気麻酔などで痛み緩和対策をする方法もあります。
問題は笑気麻酔は有料対応になりますから、施術の度に使用していると余分な出費が増えてしまいます。

そこで提案ですが、痛みの少ないできるだけ新しいタイプの医療レーザーの脱毛マシンを選びましょう。
医療機関によって採用している脱毛マシンはまちまちです。
一番痛みが強いと言われているのが「アレクサンドライトレーザー」で、痛みが苦手な方には避けていただきたい機種です。

「ライトシェアデュエット」「ジェントルマックスプロ」「エリートMPX」「ソプラノ」というような痛みの少ない脱毛マシンも登場しています。
どの機種もアレクサンドライトレーザーよりもかなり痛みが少ないので、快適に脱毛のお手入れを受けられます。
採用している医療機関を探してお試し脱毛を体験してから、医療脱毛を始めるのがお勧めですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする